介護施設併用の病院で

看護師の仕事というと、病院で患者さんの対応をするイメージが大きいですよね。白衣を着て、患者さんの処置をすることをイメージして、看護師を目指した方も多いと思います。しかし、少子高齢化社会となった今は、介護業界でも看護師の知識や経験は求められています。就職、転職をする際には、介護業界を視野に入れることも必要となってくるでしょう。

病院に勤務している看護師の方も多いと思いますが、それぞれ病院の規模は異なると思います。規模によっては、地域の要となっているような大きな病院もあるでしょう。そんな病院の中には、高齢化社会を考え介護施設との併用を考えている病院が増えてきています。そのため、病院に勤務していた看護師の方が、介護施設へ移動することもあるんですよ。こうなると、「病院に勤務したはずなのに」と不満を感じる看護師の方もいると思いますが、介護施設でも同様の医療が必要となりますから、スキルアップとしても大切な経験となるはずです。介護業界での経験も積んでいれば、転職時には大きな強みとなるはずから、マイナスに捉える必要はないでしょう。今では、介護施設が不足となっている地域も多いですから、病院によってはこういった介護施設併用を考える病院も増えてくるかもしれません。そうなれば、看護師の職場なども大きく変わってくるかもしれませんね。これからの高齢化社会において、介護と看護の壁はどんどん無くなっていくのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP